働く男のためのインプラントマガジン[大阪府箕面市版]/[Q&A]インプラントの基礎知識/インプラント治療にリスクはあるのか?

インプラント治療にリスクはあるのか?

近年はサージカルガイド(インプラントの入れる方向・深さなど細かく設定されたマウスピース状のもの)を用いてインプラントを埋入する技術(フラップレス手術)により「虫歯の治療よりも簡単」などと言われるようにもなりましたが…それでもリスクがある手術だということは覚えておくべきです。

治療(手術)中のリスク

昔は歯茎を切開する方法が一般的だった為インプラントができる歯科医院は限られていましたが、現在はフラップレス手術が浸透し、小さな町の歯科医院レベルでもインプラントに対応してくれるようになりました。

しかしその一方で、厚生労働省の調査では「歯科医師の4人に1人は神経麻痺などの重い症状を引き起こした経験がある」という結果が。大学病院やインプラントの名医に助けを求める数も増え続けています。

自分が失敗症例に当てはまらないためにも、医師の技術や症例数はきちんと確認しておく必要があります。

治療(手術)後のリスク

埋入手術後に腫れる

歯茎を切開する方法はもちろん、フラップレスでも当該箇所の歯茎をくりぬく必要があるため、歯茎は多大なダメージを受けています。

埋入手術後はダメージを受けた場所が腫れたり、内出血(時には内出血が歯茎から顔側に回り込み、顔の一部が紫色になることもある)などするのが一般的です。

基本的には時間が経てば腫れは引いて落ち着いていくものですが、あまりにも引かない場合や生活に支障がある場合、事前にカウンセリング等で説明された腫れとあまりに異なる場合は執刀医に相談すべきです。

インプラントの脱落

インプラントを固定しているスクリュー(歯茎に入っているネジ状部品)、またはアバットメント(スクリューと義歯を繋ぐ部品)を固定する部分が緩んでくる事があります。インプラントの手術環境・器具が細菌感染していたり、消毒不足、歯周病、唾液による汚染があった場合など、挿入して数週間で抜け落ちてしまうケースも。

また、インプラント部分はトラブルが起きやすく、ケアを怠ると「インプラント周囲炎」という状態になりインプラント周辺の骨が体内に吸収されて抜け落ちてしまいます。

インプラントを長持ちさせるためには、毎日のセルフオーラルケア、そして定期的な歯科医院でのケアが必須なのです。

義歯の破損

天然歯の周りには「歯根膜」という薄い膜が存在しており、噛んだときに歯を傷つけないようにクッションのような役割をしていますが、インプラントは歯骨としっかり結合するためその膜の働きを再現するのは難しいです。そのため、歯軋りや喰いしばり、噛み合せ等の影響で過剰な力が加わると義歯が破損・脱落してしまうのです。

少し欠けただけの場合は研磨するのみ、大きく欠けた場合は修理用のセラミックで直す、もしくは再度上部構造を作成することが必要になります。

スピード治療対応!
箕面市のインプラント歯科
厳選3院
                                              
クリニック名 治療期間・通院回数 治療費目安
うえだ歯科クリニック

公式HP

TEL

072-734-7777
治療期間・通院回数 1か月~6か月/4~6回※1 治療費目安320,000~370,000円
平野歯科クリニック

公式HP

TEL

072-743-5475
治療期間・通院回数 3か月~6か月/5回※2 治療費目安360,000~400,000円
黒木歯科医院

公式HP

TEL

0120-489-648
治療期間・通院回数 3か月~6か月/5~8回※3 治療費目安500,000円
※世界でNo.1シェアを誇るストローマンパートナーズの医院の中から選出
      ※各院の料金は相談・検査・診断・治療までの標準料金(税抜)です
※1:1.診査、2.埋入オペ、3.型取り、4歯の完成・装着」
※2:1.カウンセリング/精密検査、2.一次オペ、3.治癒期間、4.二次オペ、5.人工の歯を製作・装着
※3:1.相談・初診、2.精密検査、3.診断、治療計画の説明、4.ブラッシングなどの前処置、5.一次手術、6.治療期間、7.二次手術、8.メンテナンス
・インプラント治療とは、歯周病等が原因で歯を失った場合に行われ、あご骨にインプラント体を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法のことです
・費用相場:インプラントの費用相場は「精密検査・受診料金」が約15,000~50,000円。「インプラント外科手術費用」が約100,000~385,000円。「人工歯の費用」約100,000~150,000円です
・治療期間:インプラントの一般的な治療期間は、3ヶ月~1年、通院回数は6~8回です。
・副作用・リスク:インプラント治療のリスクは、金属アレルギーの恐れおよび合併症があります。合併症はインプラント周囲炎、上部構造のトラブル、上顎洞炎(副鼻腔炎)、神経麻痺(下歯槽神経麻痺など)、インプラントの上顎洞内迷入などで、特に感染が問題になっています